<   2012年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

日付変わって本日!
2012年4月28日(土)
@梅田ムジカジャポニカ
『トビオとシスター』
<出演>
○シスターテイル
○ヒトリトビオ
open/start 18:00/19:00
前売/当日 2,300/2,500

僕が兼ねてより尊敬して止まない大阪代表POPモンスター!
ヒトリトビオと、我らがシスターテイルの初2マン!

そしてシスターテイルとしては初めてのムジカジャポニカ!

濃密な唄の宴です!

自分でいうのも何ですが、これは本当に損しない、とっても素敵な夜になると思ってます!

ちなみに、明日はシスターテイルの正ドラマーである新田こーへいがインフルでダウンのために、特別な編成でのお届けとなります!


明日のシスターテイルは…

妹尾 立樹 vo, A.gt
野島 亮 ba,cho
佐々木 悠 key

谷 健人 E.gt,mandrin,cho
田村 夏季 drs
(FROM…TurntableFilms)

でやります!

先日、「Yellow Yesterday」というトンデモナイALBUMをドロップしたばかりの京都代表のトップランカー(笑)のTurntableFilmsの三人よりなんと2人も駆り出して、シスターテイルとして参加してもらいます!

僕の大切で大好きな仲間たちと、そして共演のヒトリトビオも同じく大切で大好きな仲間たち、この見事なまでのマッチングを、見逃す機会はないでしょう?

是非とも足をお運びください!


まだまだ予約受け付けます!

間に合わなくても、シスターテイルみに来た、と言ってくれれば前売扱いでご入場いただけます!

宜しくお願いします!


sistelick@gmail.com
a0202355_34020100.jpg

a0202355_3402156.jpg

[PR]
by sistelick | 2012-04-28 03:37
タイトルが「雑記」とありますが、そんなタイトルでくくれないほどいい事も悪いこともそれも極端にたくさんありすぎて、こうして今パソコンに向かってタイプしながらも何をどう書いたらいいのか迷いながら、ブログを更新しようとしています。

簡単に言えば、いくつもの最高の瞬間を最低な状態で迎え続けている、とでも言いましょうか。

もちろん、その最高の瞬間というのは僕の人生の記憶に深く刻まれるようなものであってしっかりとその感触も残しているし、今でも夢のようだと回想できます。

それと同じだけの悪夢にうなされてしまい、心と身体が引きちぎられるような思いもしている、というか。

…んんん、あかんなぁ、どう書いても辛気くさい表現になってしまう。。



まぁその、ガタンと調子を崩してしまい、周りの支えあって今こうしてブログを書いたりライブが出来たり貧しいながらもギリギリで生活が出来ていたり、そんな感じです。

迷惑かけたり良くしてくれた友人や仲間や同志たちにもまずひとりひとりにちゃんとお礼を言わなきゃならないしちゃんと会話しなきゃならないので、こうしてブログ書いてる場合ではないのですが、ほんとは。

ケータイが壊れてしまい、お金もないので直したり交換することも出来てなくて、いろんなひとにご心配とご迷惑をおかけしています。

申し訳ありません。

伝えたいこと、伝えなきゃならないこと、たくさんあるのですが、今はどうしてもうまくまとめられないません。

音楽を続けて行くこと、そのことだけは何としてもやめられないです。

僕は馬鹿なんだと思います。

こんなくそみそに売れてないいわゆる「自称ミュージシャン」という社会で最もタチの悪い輩で、そして人様に散々迷惑かけたおしてあげく肝心の身体壊して万事休す、年齢も三十路、ここはひとつ身のふりをゆっくり考えるいい時期なんじゃねーの?みたいなことを散々言われても、至らない自分をさらけ出して愛する人に逃げられても、なんでやめられないんだろう、と考えます。

たしかに、やけくそでした。

とりあえず、もうやるしかなし。
うまくやる方法とか考えたって出来ないし、自分でやるっていうたんやからやらなしゃぁない。

他人から見れば鼻くそみたいなもんでも、それなりの覚悟でやってました。
でも、その覚悟が中途半端やったんやろうから今こんなんになっとるわけやし、なんとも自分では言えませんけど。

よく言えば「生活を賭して」やってきた。
でもそんなもん自分の活動するフィールドを狭めてるだけの無謀な行為で、自分のクビを絞め続けてきただけとも言えるし。

ただ見栄はってたんか、かっこつけとったんかわからんけど、そんなもん、もう大人やし自分の今を客観的に(それも怪しいけど)みたらかっこ悪すぎるし。

自分を褒めてくれるごく一部の人にまた褒めてもらいたいが為にわざわざかけるリスクって考えたら、とてつもなくリスキーやし。だささの極み。


これも、言い訳みたいに聞こえたらいやなんですけど、ちょっと違うんです。

ここまでこうして底辺といえど続けてこられたのは「仲間」がいたからなんです。
「仲間」がおったからやめるにやめられへんかった、とかじゃなくて。

もとから心根の弱い僕がおいすがるものといえば、宗教でも政治でも経済でもなくて、この音楽活動を通してしか得られなかった「仲間」だけが信じられるものやったんです。

なんか、結局聞こえのいい感じになってしまっててそれも嫌なんですが。

心の中にひとつ、信じられるものがあるということはとてもすばらしいことだと思います。

僕はもっと自分のことを信じてあげればよかったなぁと思います。

世の中には答えのないものがまだまだたくさん存在します。
音楽もそのひとつだと思います。

故に人々は魅了されるし、また悩まされるんやと思います。当たり前の話。



これはあくまで自己判断ですが、今の自分に必要なのは「心の平野にぶっとい芯を刺す」ことなのかなぁと思いました。

そうすれば、自分が本当に必要としていることがほんとはそう多くないんじゃないかということがよく分かるのだろうと。

自分は、音楽というところに身を置くことは決めていたけれども、そのなかでずっとフラフラふらふらしてきたように思います。
それはそれでとても大事な経験だったのでしょうけど。

とにもかくにも、食っていかねば話にならず、それは「音楽で飯を食う」とかそういうことじゃなくて、なんであれ生活していかなあかんわけですし、そことのバランスはどのみち苦しいままだとは思うのですが、やはり苦しすぎたら死んでしまわなあかんくなるので、生活はせなあかんと思ってます。

今回、心が骨折したみたいになって、食欲とか落ちるんやろかとおもってたら、まぁおおかた分かってたけど逆にストレスで食うてまうという、もうせやしどんどこ太んねんおのれ!とほんま情けなすぎて悲しくなってまた食べるという最悪な循環に入ってしまいがちなんですが。。

これ以上、周りの心ある人たちを悩ませたり悲しませたりすることが本当に辛いので、ほんとはそういうことを一番考えたらあかんと言われましたけど、僕が元気にハッピーになりゃぁ全ては解決ということならば(そんな単純でもないでしょうに、すいmせん)早い事ことそうなるしかないじゃないですか。

もちろん無理しない程度に、僕は音楽に身を置くことでしかこの難局を乗り切ることができないとやっぱり思うので、唄は歌うし、太鼓も叩きたいです。

長々と書いてしまいましたが、今思う事をただとにかくタイプしてみました。

また後になって修正したり削除したりするかもわかりません。
そんなへんなこと書いてるとも思わへんけど。

Twitterでの短かくて早いやつで、変に誤解されたり心配かけたりするし、自分が思っている以上にいろんな人と僕はかかわっていて、いろんなひとが気にかけてくれていることに対して何らかのメッセージをと思って書きました。

丁寧な文章でないことは承知しておりますが、これを読んで何かわかってもらえたら幸いです。



最後に、僕の友人で何故か先日の4/1に嘘みたいに活動休止したバンド「マイマイズ」の代表曲がPVになったとのことなので、ここに転載しておきます。

最後のライブに顔出せなくてごめんなみんな、とここで謝罪してみる。


[PR]
by sistelick | 2012-04-03 03:42