<   2013年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

a0202355_3134155.jpg


画像は晴れ晴れしてますが、生憎今は雨模様。

でもやっと5月らしくなってきました。

5月始め、ちょっと例年より寒くね?と思いながら過ごしてて、そしたらば急にぐーん!と暑くなって。。

GWの中日にちゃんと風邪をひきました。笑

やっと喉の不調も緩和され、明日、否、本日の拾得のライブにはよい調子で臨めそうです。

ライブの日に雨が降ることは良くあるんですが(特に拾得の日に!)、
集客など考えたら恐ろしいはずだけど、喉には嬉しいものです。




さて、タイトルにあるように、最近この「楽しむ」ということについて考えたり感じたり思ったりすることがよくあるのですが、そもそものきっかけをくれたのは某SSWでありギタリストのSくんの言葉でした。

「なんや言うてもやっぱ楽しまんとさ」

とかそんなんやったような…

まぁ他愛もない言葉なんだけど、彼の今の立ち位置や境遇を考えるとその言葉の意味はとても深いものがあって、僕に何を伝えたかったのかがすごく胸にスーンと届きました。

楽しむって、その為の最高の準備がちゃんと必要で、その上で悩ましかったり苦しんだりすることも多々あるけれども、基本的には楽しめないことを好きこのんでやる為にわざわざこんなまどろっこしいこと(バンドね)してるワケではないので、シンプルに、素直に、全力で楽しむことをしないと。

それは、最近の喫茶稼業でも思うことであり、何に関しても思うことです。

先日ご一緒した吾妻光良 & The Swinging Boppersのライブを観ても強烈に感じたことなんですが、その問答無用に気持ちをワクワクさせてくれることのとてつもない高い次元で起こる感動っていうのが、いかに人生で大切なことなのか、
そして、S氏の「楽しまないと」発言もしかり、
そんなこんながきっかけになって、何か物事の運ばせ方を少し間違ってたんじゃないかなと思い出して、今、今まで押しても引いても叩いても削っても難しかったことが、急に「つるんっ」と前に押しだされた感じに殻を抜けだせて感覚があります。


関係あるようでない話ですけど、ウチはユニットバスで、こないだパイプユニッシュ的な物のイチバン強力なやつで掃除したのにもかかわらず排水の加減が非常にストレスのたまる悪さで、今の自分の状態を考えると、早くそんなふうにスコーんと抜けてくれないものかと考えてしまいます。

これから、身心を安定して鍛える為にもランニングしようかとも考えています。

やっぱ身体動かすと気持ちもスッとします。

あとは湯船に浸かれたら言うことないんだけどなぁ。

寝て起きたらライブ、いい歌唄えますようにと自分に願をかけてみますた。



まとまらなくなってきたので今日はここまで。


おやすみなさいませー。


a0202355_3134399.jpg




↑僕の今の象徴です。
[PR]
by sistelick | 2013-05-11 02:42
5/5はこどもの日。

GW、主にサポートでのライブやメンバーの結婚などで多忙を極めておりますが、この5/5こそが僕のGWの〆となる重要なイベントです。

ほんとに、もうこの時点ですら感無量なほどにたくさんの素晴らしい経験をGWでさせてもらってますが、僕はちゃんと自分のバンドをやってます。

彼らと音を出しそこで唄をうたうことが、自分には何にも変え難いことなのです。

主催者のおっくんはこのイベント立ち上げ当初からシスターテイルに声をかけていてくれて、そしてシスターテイルの最初期の頃を良く知る数少ない人物で、彼自身も本当に優れためちゃんこ才能あるミュージシャンでもあります。
イベント構想から幾ヶ月が経って、蓋を開けてみたらなんとまぁ素晴らしい共演者の面々!!
いやもうこれはほんとにすごい。
音楽の一線から永らく退いていたというのに、その狼煙をあげるには申し分ない最高の音楽が集まりました。

僕が最近サポートで携わっている最高なバンド"TurntableFilms"や、
LLamaでも共演し先日僕も参加したくるりのイベント「WHOLE LOVE KYOTO」でも共にステージに立ったNOKIES!の久米くんのソロ"Youth Genius"や、
サポートもしたことありとても僕らと所縁の深い、大好きなSSW"前川サチコ"、
何より、僕の知る限りこんなにも歌にとり憑かれてしまい、この現代のブルースをリアルに鳴らせる奴は他にいないと思っている、僕の大切で大事な古くからの仲間"ナカノヨウスケ"など、

この誉れあるイベントで、シスターテイルはなんとトリを務めます。


他にもあの"IDOL BOYS"や、その他豪華DJ陣(中には僕がサポートしている"YeYe"の実兄であり天才"Hashiguchi Takashi"の名が!)などなど、飽きさせることは絶対にありません。

何としてでも最高のライブで締めたいと思います。

以下、詳細です。





a0202355_18418.jpg



KODOMO EMPIRE presents “Kodomo Kills Knowledge”

2013年5月5日(日)

梅田NOON+CAFE(旧NOON)



live:

Turntable Films(Second Royal)

Sistertail/シスターテイル

IDLE BOYS

Youth Genius(from NOKIES!)

nakanoyosuke/ナカノヨウスケ(Emerald/PaperBagLunchbox)

Maekawa Sachiko/前川サチコ



dj:

Masami Tsuchiya (Wallflower) ←(4/8追加)

Arimuri (Kyoto Indie Village) ←(4/14追加)

ONU (HONEY BEE PARTY) ←(4/21追加)

Hashiguchi Takashi(Olympic)

Kodomo Empire Crew



open/start 16:00 ~ close 21:30 (予定)

ticket adv(前売り)/2000yen door(当日)/2300yen (+1 drink charge)









16:00 open/start



16:00 [DJ] Kodomo Empire Crew



16:20 [DJ] Hashiguchi Takashi (Olympic)



16:45 [floor live] Maekawa Sachiko/前川サチコ



17:00 [DJ] Masami Tsuchiya (Wallflower)



17:25 [stage live] nakanoyosuke/ナカノヨウスケ (Emerald/PaperBagLunchbox)



17:55 [DJ] Arimuri (Kyoto Indie Village)



18:20 [stage live] IDLE BOYS



19:00 [floor live] Youth Genius (Kume from NOKIES!)



19:30 [stage live] Turntable Films



20:20 [DJ] ONU (HONEY BEE PARTY)



20:45 [stage live] Sistertail/シスターテイル (Stage)



21:30 finale





皆様、是非ともお越し下さい!

お待ちしてます!
[PR]
by sistelick | 2013-05-03 00:05