<   2013年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

a0202355_413291.jpg



穴が空いている。

どんだけ空気をすこすこ入れても、走り出したら次の交差点を待たずにまたへたり込んで前にすすまない。

また戻ってすこすこ入れる。

さっきよりも多めに入れる。

そんなことしたって無駄だよ、
だって穴が空いてるんだから。

治してもらうんなら逆の道だよ。

でもバカなんだろうな。

わかってんのに見ないふりして、
すこすこすこすこ、
汗かきながら懸命に空気を入れて、
修理屋は進行方向と逆で少し登り坂だからとか、
今日は暑くてしんどいだとか、
そんなくだらない理由で、
また穴の空いたまんまのタイヤで坂を下ろうとする。

さっきより少し遠くに進めたけど、
生憎タイヤは穴が空いている。

仕方なく押して歩く。

歩きがてら、この進行方向の先にどこか腕のいい修理屋はないかと都合のいい考えで探したりするんだけど、
本当は戻ったほうが早いことを知っている。

でも、戻れない。

わかってるのに。


パンパンに張ったタイヤで街を走り抜けたならさぞ気持ちいいだろう。

今かいているその汗も、半分もかかなくて済んだろう。

そもそも、目的地に約束通り到着することが何よりも優先されるべきだろう。


何を惜しんで戻らなかったのか。


時間はかかるし。
手間もかかるし。
身も心も擦り減るし。


無駄の上塗りだ。

これが世に言う「徒労」というものだ。



夜、月がこれでもかと世間様を覗きにやってくる。

あまりの堂々さに少しうっとおしいほど。

公園でコンビニで買ったアイス食いながら、徒労に満ちた日常を省みる、こともしないで、
明日のことばかり考えているんだろう。


気づいたときに、
わかったときに、

それでもなお身体が動かせないのならそれは、

何と言おうか。



ただ一言「愚か」だと、
片づけてしまってもいいものか。


a0202355_4132584.jpg




僕は、とても迷っている。

足りない頭をこねくりまわして、
考える必要のないことまで混ぜ込んで、
挙句、迷っている。


迷い箸している間に、
たくさんの人に迷惑をかけている。


馬鹿らしいからやめたいのに、
言うことをきかない。


もうこんな時間だ。
[PR]
by sistelick | 2013-08-20 03:41 | 小言
a0202355_2301440.jpg



祈ってばかりでは埒があかないのです。

透明度と濁りのアンサンブル、どこに混ぜ込むかも大切。

とにかく動かそう。

身体も、心も。


世間や社会、もしくは自身の中にある虚実の比率をなるだけ細かい単位でたたき出して、それを歌や言葉や音に当てはめることが出来たら、それがじぶんにとっての表現になる、と信じてる。




でも、そんなに頭良くないうえにタフさもない。

音楽における気づきも、味覚における発見も、ニュースをみて感じることも、人との些細なやりとりの中で思うことも、そこには説明し難いけど、表裏なのか明暗なのか虚実なのかなんなのか、グラフィクイコライザーで示されるような細かい比率が共通してある。

人生においてプラマイゼロだとか、いいことも悪いこともトントンみたいなことと同じで。



細やかなインプットアウトプットが揃ってそれがうまく吐き出せたときに、救いという概念をもたらすものが産まれるのだと思います。


薄かったりニセモノだと言われるものは全て、チグハグだからなんだと。


でも基本、チグハグにならなきゃおかしい世の中だと思う。

守る、というのは、その自分にしかわからないはずのパラメーターを他の何かにいじられないようにすることなんだと思う。

それが出来ているひとはごく少数だ。


そして、守っているひとは総じて生きるうえでものすごい圧をかけて暮らしている。


尊敬に値する。


シンプルにいきるというのは、フラットに戻すことだと思っていたけど、そうじゃなくて、そのメーターを把握しそれに準ずることなのだと。


とても難しい。


自分でいじろうとしたら、とたんにフリーズするのだから。


人間失格という言葉がよぎって仕方がない。


しかし諦めたってどうしようもない。


時間かけて設定していかなきゃ。



祈ってばかりじゃいられない。


a0202355_2302092.jpg

[PR]
by sistelick | 2013-08-11 22:32 | 小言