a0202355_02074378.jpg



https://note.mu/katsuiyuji/n/nf2a36bccc37d

リンク先にある勝井さんの文章の中に登場する"切石智子"さんとはおそらく2度ほどお逢いしたことがあり、とある知人を介して先斗町のお好み焼き屋さんで複数人で食事をしたときのことを良く覚えています。
当時僕は20歳。
気さくなお姉さん、といった感じで、
その時にポータブルプレイヤーでカブサッキや他のミュージシャンのまだ見ぬ音源たちをニコニコで僕に聴かせてくれたことを今でも良く覚えています。

そして、
それから1年が経ったかどうかの頃、
知人伝に切石さんの訃報を知りました。
僕はただあの場に居合わせただけのただの若僧でしたが、
音楽欲溢れる当時の僕とってはあの日の飲み会がとても印象深い出来事だったので、
しかもまだ訃報というものに慣れていなかったこともあり、
相当ショックを受けたことを覚えています。

それからまた後の事。

ある日いつものようにCDショップに赴くと
"TROPICALISMO ARGENTINO"
というCDが目に付いた。
アルゼンチン音響派のV.A。
僕は速攻でレジに運んだ。

a0202355_02074480.jpg



そして、今でも良く聴いています。

ライナーノーツの最後に、
切石さんについてのコメントがしてあるのを見て、当時僕は何かぶるぶると震えるものを感じました。

もう10年も前のこと。

音楽なぞやっていると、いろんな人と点と点で交わったりすれ違ったりするもので、
今になってみないとわからなかったことですが、
こんな風にあのときの点がここに結ばれたりするものなのかと思ったりもします。

そんなことが、もう今年35になる歳ですが、
何かしら続けていけばバシバシと繋がってくるものなのです。不思議なことに。

あのとき胸をときめかせて聴いていたフェルナンド・カブサッキと、
そして予てより憧れだった山本精一さんと勝井祐二さんと、
今週末4/9(土)に一緒に演奏させていただきます。

畏れ多いことですし、僕みたいなウタモノ専門ドラマーと化しつつあったノーテクドラマーで何をどうしろというのかと今でも散々頭を悩ませていますが、
誘われて承った以上もうどうしようもないので、
彼らと音を出せる喜びを最大限音にしたためたいと思います。

みなさん是非ともお越しください。


a0202355_02074457.jpg



2016年4月9日(土)
京都 UrBANGUILD
<出演者>
フェルナンド・カブサッキ gt
勝井祐二 vn
山本精一 gt
senoo ricky dr

w/数えきれない

OPEN 18:30 / START 19:30
adv.3000 yen + 1drink / door.3500 yen + 1drink
[PR]
# by sistelick | 2016-04-07 02:03
a0202355_03032061.jpg

今年は桜がいい時期に満開を迎えて、
僕は例年になくたくさんの桜を楽しめています。
今これを書いてる深夜は生憎の雨で、
早咲きの桜なんかは散ってしまうんじゃないかと思うと少しだけ残念な気持ちになります。
大勢でワイワイとブルーシート敷いてやるようなお花見はもう随分とご無沙汰してますが、
桜に託けてただ呑みたいだけじゃんみたいなのが無くただいつもの道や街がポッと色付くのがいいなぁと思えるだけで嬉しくなるもんです。
(これじゃまるで年寄りだな…)



3月、たくさんではないけれどソロを始めLLamaやゆーきゃんなど、色々な所でいろんな人の前でライブさせてもらいました。

そして、自宅にて弾き語りのレコーディングも行いました。

a0202355_03032177.jpg


もうかれこれ何年だろうか様々な現場で一緒に音出したり音録ってもらったりしている、玄ちゃんこと田辺玄(WATERWATERCAMEL)に山梨から京都まで機材と共にわざわざ来てもらって、
「普段の、家でギターを爪弾いたりボソッと歌ったりしている、日常が染み付いた環境と音を録ろう」
というコンセプトの元、自宅居間に機材を持ち込んでのレコーディングとなりました。

DSDレコーディングという方式?手法?での録音ということで、
詳しくはさっぱりわからんのですけど、PCを使わずにレコーダーのボタンを玄ちゃんがポンって押して録るので、
なんだか昔のMTRで録音していたことを思い出したりしながら楽しくリラックスしながら録音は進みました。

自分なんかには勿体無いくらいの良い機材と方法と、長年の付き合いで僕のことを僕自身では判断出来きれない部分までも理解してくれている腕の立つエンジニアと共に、
しかも自分の家のソファーで(今このブログもそのソファーで寝っ転がって打ってる)とか、
お前どんだけ不精もんで贅沢なんだよと方々からお叱りを受けそうなんですが、

飾らない、後で聞き返したら恥ずかしいような裸に近い歌が録れました。

a0202355_03510415.jpg


とはいえ、録ったものはレコーダーに入っててまだ僕はプレイバックしてません。。
録音以降のことは玄ちゃんやその他諸々の関わる人々に完全に丸投げしていくスタイルを今回は取るとのことで、
完成は早くても夏頃、どんな形で何曲でとかまだお知らせする段階ではないのであれですが、
僕もどんな風にお届けできるのだろうかと他人事のように楽しみにしています。笑

僕に預けて任せていては、いつまで経ってもリリースなんか出来ないとの玄Pの判断なのでしょう。。まぁ、ぐうの音も出ないですが。。

しかしまぁ録れました。ひとまず。

実は昨年の5月に、山梨は甲府にある玄ちゃんのスタジオキャメルハウスでソロ用の録音に行ってまして、ギター、唄、ドラム、曲によってはベースも、全て1人で録音して、最終的には弾き語りでなくひとり人力バンドサウンドでアルバムを作ろうと意気込んでいたのですが、
録り終えたラフテイク聴きながらこの後どんな風にしようか考えをこねくり回していたらあっという間に時は過ぎてしまい、というか悩んでしまって、時間も上手く作れなくて、もっと早い段階でパシャシャーっと録ってしまえばよかったと後から思ったりもしましたが、
そんなこんなでどうしようかと玄Pに相談したら、
ひとまずそのテイクは全て残しておくとして一旦弾き語りを録ろう、
そしてそれは"ひとつの作品"としてというよりも、日記のようなその時の自分の"記録"として残そう、と。
ひとつの作品の完成を目指して作り上げることよりまず、
ありのままの、普段ライブで出しているような弄りようのない空気感と温度を捕まえようと。

なので、今回自宅で録音した弾き語りは、僕にとっては何年越しかの音源になるけども、
作品ではなく、その時を唄で切り取った記録としての音源になります。

a0202355_03510452.jpg


玄ちゃんの、目に見えない、楽譜では書き記せない、浮遊する音に含まれる音楽的なもの以外の成分を、まるで耳というより鼻で探すみたいにしてそれらを捕まえていく能力には、何度も彼の下で録音に関わってる僕からしたら本当にすごい能力で、何かの精霊なのではないかと思えるほどです。

長々となりましたが、乞うご期待です。




そして、
今後、このブログを引っ越しさせようかなぁとぼんやり考えています。

noteとか、ありますよね。
そこに、ブログだったり新曲だったり、はたまたポッドキャスト的な自分の番組なんかも配信したりしたいなぁと考えています。

自分が伝えたいことや感じたこと、
それらをネットを使ってみなさんと共有したりするのに、
文字媒体だけではなかなか上手に伝えきれないものがあります。

腐ってもミュージシャンなんだから、
ネット上でぶつくさ呟いたりたらたら文章書いてないで曲書いて唄でコミュニケーション取りなさいな!
と思わなくもないんですが、

自分の何気ない気づきや高ぶり、移ろいや喜びといったものって、別にわざわざ人と共有させる必要もないことなんですけど、
それを人が知ることで、その人のなかでまた何かの気づきや高ぶりが生まれたり、移ろいや喜びが繋がっていったりするのならそれって良いことしゃないですか。

で、それってのは鮮度・温度感がすごく大事で。

それらを捕まえてその場で感じて触ってもらうのに、文字ばっかりではなかなか伝えたいことをお届けするのにハードルが高いと思いました。
あくまで僕にはということですが。

なので、文字だけじゃないいろんなメディアで僕のことや僕に関わる人や物のことを伝えて行けたらとの思いから、引っ越ししてみようかなと思っています。
また具体的になればこの場でもTwitterでもFacebookでも、お知らせしようと思います。

また引き続きよろしくお願いします。

a0202355_03510437.jpg


いろんな感情がひっちゃかめっちゃかでひとりで騒がしくしているばかりなもんで、
もっと集中しなければ!
とか思いながらも、
余計な夜更かししてとりあえず今季の大事なアニメ見たりして心震わせつつ落ち着かせ、
ひとに向き合い、音に向き合い、
ダメだし食らいながら食らいついて、
一刻も早く、自分の音源持って方々にご挨拶に伺いたいなと。

とにかくです。
今週末は大一番があるので、身体だけ壊さんように過ごします。


長々となりましたが駄文にお付き合いくださりありがとうございます。


皆さんも良いお花見を。




[PR]
# by sistelick | 2016-04-04 02:52 | 小言
a0202355_23374581.jpg


何を思って1年以上も放置していたのか。

暮らしの中でのスマートフォンの占める割合とか、
SNSの利便性や即効性だとか、
僕は何に関しても依存体質なので、便利なこのツールやサービスに支配されるばかりで自分自身はひとっつもスマートにならないばかりか、どんどん食えない馬鹿になってきているような気がしています。

最近、前から気になっていた中華料理屋さんに意を決して入った日のこと。
前を通ったことは何度もあるけど、時間や腹具合などのタイミングでスルーしていた、ひっそりとした道にポツンとある古い店。
手書きの縦長のメニューが店内の壁にずらりと並び、
軒先には出前用のオカモチが重ねて造作なく置いてあって、
厨房には男性ではなくおそらく店主であろうおかあさんがピンクのエプロンをして立っていて、
注文を聞きに来たのはおそらく息子さんだろうか、まだ20代くらいの若い青年が中華料理屋さん特有の首周りの空いた白い厨房服を着て愛想よく接客をしてくれた。
店内には他に客はいない。夜の21時過ぎ。

そこで注文したチャーハンが、なんというか、
口にいれた瞬間から”うまい””まずい”よりも先に脳内で画がドンと浮かぶような、
記憶の引き出しに直接手をかけてくる味で、
具体的に言えば、玉ねぎの甘みが勝っちゃってる感じとか、パラパラになりきれてない感じとか、チャーハンでなくヤキメシな感じとか、
そして他のメニューについても同様のある種の”統一感”があって、
決して人にオススメしたり、イイねをつけてもらったりシェアしたりしたくなるような代物ではないのだけど、
なんかこう心もってかれちゃって、
この店は僕の地元ではないんだけど、例えば、

〜10代のころ、悪ふざけが少々いきすぎて警察の厄介になってしまったその晩、身柄を引き取りにきた母親(父親でも可)に連れられて帰り道すがらふらっと入った中華料理屋で、怒るでも諭すでもなく「まぁ食え」と言われて、目に涙を溜めて背中を丸めながら食べたあのチャーハンの味…〜

みたいな、そんな妄想に近いストーリーがふと浮かんでくるような、なんとも懐かしく、ただノスタルジックに響くだけでもなく、たぶんそれは店内のガランとした感じとか、器がくすんだ青磁ばっかりだとか、いろんな要素は含むのだけど、

何が言いたいのかというと、
⭐︎が何個だとか、イイねが何件ついたとか、
とかく昨今は共有することが前提の物事ばかりで、
上に書いたことなんてどう考えたってネット上で共有できないし、
でもわかる人には強烈にわかるテイストのことだし、
アタリだったかハズレだったかとか、そりゃウマければ正義かもしれないけど、
ソーシャルメデイアに嫌悪の気持ちを抱きながら中毒患者のようにタッチパネルを覗き込んでいる自分にとって、
そんな自分が本当に心もってかれてしまったものってのはだいたいシェアできなかったりしたくないものばかりじゃないか、という、

よく考えたら当たり前のことを最近チャーハン食べて思った。
ってことだけなんですけども。

そんなんいうて、FBとかで爆裂にシェアしたり、インスタで光の速さでイイね押したり、反射的にリツイートしたりしてるんですけどね。今だって、ほら。


で、このお店で最後お会計の時に領収書を切ってもらったんですけど、
お店の横判の店主の名前のとこだけ横線で消してあって女性の名前に手書きで書き換えてありました。

そこでまたそのお店のストーリーが頭のなかグッと像を結んで湧き上がってくるのです。



【ライブのお知らせ】

a0202355_043268.jpg


2016年3月21日(月/ 祝)
souffle 3th anniversary
”息をすること”at きんせ旅館

時間:17:00 OPEN / 18:00START ▷21:00CLOSE
料金:3300円(音のプレゼント付き)
場所:きんせ旅館
〒600-8827 京都府京都市下京区西新屋敷太夫町79
LIVE :森ゆに / senooricky / YeYe (solo / 弾き語り)
DJ&PA:nightcruising
FOOD:食堂souffle
出店:てふてふ菓子店とえちがわのりゆき(焼菓子とグッズ)
homehome(本と雑貨)/ マヤルカ古書店(本と雑貨)
DOLCHともりわきのぶこ(お菓子と雑貨) / 月夜と少年(植物と雑貨)and more
チケットのご予約お問い合わせ
食堂souffle( info@souffle-shokudo.com)
きんせ旅館(live@kinse-kyoto.com)
こちらの店舗に直接言っていただくか 電話でも承ります。
お名前 ご連絡先 予約人数をお伝えください。
[PR]
# by sistelick | 2016-03-09 00:45